1. ホーム >
  2. 占いコラム >
  3. 占いの道具について

占いの道具について

2016年10月27日

占い道具のイメージ写真

占い師は、様々な道具を占術によって使い分け、占いを行っています。

代表的な道具をまとめてみました。

筮竹(ぜいちく)

筮竹とは、50本の竹で出来た40cm程度の細い棒で、易占で用いられます。
筮竹を本筮法、中筮法、略筮法などによって卦を導き出し、判断します。

サイコロ

サイコロ(ダイス)を使った占いは様々な方法があります。
基本的には、数個のサイコロの目の組み合わせによって判断し、主に易占などに使われます。

方位盤

方位盤には、年・月・日・時の4つの盤があり、主に九星気学などで使用され、9つの星が中央と八方位に配置されています。
年盤は1年毎に、月盤は月毎に星の配置が移動し、それぞれの方角の吉凶を判断します。

算木(さんぎ)

算木とは、3~10cm程度の細長い棒を用いた計算用具です。
それぞれの位に、縦や横に並べ、数を表す事ができ、易占いでは、筮竹(ぜいちく)によって出された陰陽を筆記する際に用いられます。

タロットカード

タロットカードは、象徴が描かれた78枚のカードで構成され、「大アルカナ」の22枚と、「小アルカナ」の56枚に分けられます。
カードをシャッフルし、展開した中から引いたカードの象徴を読み解き、答えを導き出します。

オラクルカード

「オラクル(oracle)」とは、日本語にすると「神託」という言葉になります。
オラクルカードには様々な種類があり、天使や妖精、聖人など、高次の存在がメッセージとともに描かれています。
メッセージが描かれているので、タロットカードよりもカードの持つ意味を受け取りやすくなります。

ペンデュラム

ペンデュラムとは、紐やチェーンに、水晶などの石やコインをつるした振り子のことです。
人間の中に在る潜在パワーを引き出し、物事を判断するダウンジングに用いられます。

ルーンストーン

ルーン文字が刻まれた石で、文字が描かれた24個と無地の1個の計25個あります。
文字のもつ意味を解釈し答えを導き出すルーン占いに用いられます。

水晶

占い師が使っている道具で、特にイメージされやすい水晶玉なのですが、実際の占いで用いられる事は少ないようです。
魔除けや浄化などに使用されているようです。

天文暦

占星術で使用されるホロスコープを作成する際に、その日時にある天体の位置が必要になります。その天体の位置が書かれた暦になります。


ピックアップ占い師

ラッキーパーム

お浄め 手相術 宿曜占星 タロット 算命学 九星気学 姓名判...

エジプトカードオベリスク

エジプトカード占い 手相 深層心理 占い教室

麗華の部屋

タロット占い 九星気学 クリスタル占い

大和開運研究所

子供の名付け 姓名判断 芸名適職 方位 地相 家相 墓相 印...

癒の部屋 Gente

タロット占い 手相 顔相

TOMITA

タロット 手相 人相 夢占い 赤ちゃんの名付 改名 占い教室